ヤクルトスタッフ
社員
パート社員
保育スタッフ
先輩社員の声
社内イベント
企業理念
会社概要
私たちの取り組み
私たちの考えるワークライフバランス
働き方の多様性
各部署紹介
所在地
保育理念
保育ルーム一覧
保育ルーム一般開放 「ママにこ広場」
一時預かりサービス
プレママ応援
ヤクルトで働く
保育ルーム
会社案内

東三河ヤクルト販売㈱には、約150名のヤクルトスタッフが働いています。

そんな先輩ヤクルトスタッフに働き始めた当初から、現在までについてお話をしていただきました。

松下 敏子YS(新城センター) 就業:2016年10月

私は子どもが2人います。この仕事を始めようと思ったときは、下の子が6ヶ月でした。ヤクルトで働こうと思ったきっかけとしては、「保育ルームがある」ということと、「友だちが昔働いていたので思い切ってやってみよう!」と思ったことでした。

 

初めは道や商品を覚えられるか不安でした。上の子もよく熱を出していたので「こんなに休んで大丈夫だろうか…」と不安な気持ちがありましたが、センターのヤクルトスタッフの仲間や先輩がフォローをしてくれていたので、安心してお休みをすることができました。現在では子どももだいぶ大きくなり、毎日ヤクルトを飲んでいるおかげなのか、熱を出すことも少なくなりました。

私は一般宅へのお届けが多く、私のお母さんからおばあちゃん世代が多くとても可愛がってくれてとても嬉しいです。子どもが熱を出したときも心配してくださるお客さまもいて「小さいときはみんな風邪ひくから」とか「大きくなれば風邪なんひかなくなるから、もう少しがんばれっ!」など言ってくださいます。お客さまの中には私がお届けにくるのもとても楽しみにして待っててくださるので、すごく嬉しいです。

 

最初は不安もありましたが、3年目に入りました。今はお仕事がとても楽しくて仕方がないです。センターのみんなとも色々な話をしたり、とても環境がいいので毎日がとても充実しています。改めて、この仕事を選んでよかったなと思いました。

 

これからも笑顔と元気とヤクルトをお客さまにお届けしたいと思います!

水田 未来YS(穂の國センター) 就業2012年

私がヤクルトの仕事を始めてから7年以上たちました。

 

ヤクルトに入ったきっかけは「子育ってしながらでもいろいろな人とかかわりをもちたい」でも…「子どものために休みが取りやすい仕事がいいなぁ」という気持ちからです。

 

ヤクルトに入ったとき赤ちゃんだった長男も、途中産休を取らせていただいて産まれた長女も小学生になります。その時々で大変なときもありましたが、お客さまにお届けをしながら毎日楽しくお話させていただいています。

 

お届けを終えてセンターで過ごすちょっとした楽しい時間がまたママに戻るエネルギーになります。私にとってこの“ヤクルトスタッフ”という仕事はやりがいもあり、私らしく笑っていられる仕事です。

乳酸菌 シロタ株
シロタ株.jp
うんちくんのうんちく
ヤクルト本社中央研究所
ヘルシスト
菌未来レポート
ヤクルトの宅配
商品紹介
商品のご利用方法
口座振替のご案内
キャンペーン
Yakult Beautiens
健腸美肌とは
フェイシャルエステ
ヤクルト化粧品
ブログ「ヤクルトさんの美肌塾」

前田 留民YS(弥生センター) 就業:2011年8月

この仕事を始めて7年ほどになります。

 

入った当初は、子どもがまだ小さかったので保育ルームがありとても助かりました。仕事を始める不安はありましたが、主婦からしたら9時~14時という勤務時間はとても働きやすい時間だな、と思いました。

 

私は一般のお宅にお届けもしますが、事業所が多いです。その中で、いろんなお客さまと出会うことができました。自分と同じくらいの子どもさんがいるお客さまがいたりするので、お話をしていてとても楽しいです。ある事業所では時間指定があったりするのですが、ついついお客さまとの話が盛り上がってしまうときもあります。

当たり前かもしれませんが、商品のお届けをしに行って「ありがとう」と言ってもらえるととてもやりがいを感じます。あと、「体調がいいよっ!」と言ってもらえたりもするので、お届けをするのも楽しいです。お客さまに会うと自然と笑顔になれますし、1日があっという間に過ぎていきます。

 

年俸制をやらせていただいて1年が経ちました。事業所のお届けが多いので、どうしても長期連休(GW、お盆、年末…)があるとお給料がいつもより少なくなってしまっていました。ですが、年俸制になってからはそういったことも気にすることがなく働くことが出来ています。とてもありがたいお話を頂いたと思っています。

 

本当にこのお仕事は私の天職だと思っています。これからも笑顔でたのしく頑張りたいと思います。

安全・安心への 取り組み
出前授業
季刊誌「おもやいっこ」
地域への取り組み
環境への取り組み

お問合せ