Yakult Beautiens(健腸美肌)

 なぜヤクルトが化粧品?

 はじめて乳酸菌飲料をお届けしてから70年以上。ヤクルトは乳酸菌を通して人々の健康をまもりつづけてきました。
そして今、乳酸菌を含めた微生物の可能性を、人と地球の健康に役立てるために、幅広い分野で研究・開発を進めています。
そのひとつがヤクルトの化粧品事業・Yakult Beautiens(ヤクルトビューティエンス)。あなたの健やかで美しいお肌を、
乳酸菌のチカラでまもる。それは乳酸菌と素肌の研究をつづけてきたヤクルトが提案する、内外美容です。


【ヤクルト ビューティエンス 名前の由来】
Beautiensは「Beauty(美)+ens(本質)」からの造語で、本質的な美しさ、
素肌美を追求していくヤクルトの化粧品事業の基本姿勢をあらわしています。

 代田イズムから生まれたヤクルトの化粧品


 ヤクルトの創始者・代田稔博士が、乳酸菌が皮フや粘膜を保護するはたらきがあることに着目しました。
乳酸菌はっ酵代謝産物の化粧品への応用を図り、誕生した成分が「乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)」です。
以来、さらなる乳酸菌研究を重ね、効果や安全性を追求した商品づくりを目指しています。
いつまでも健やかな素肌でいるためには、お肌の健康が第一。

 「乳酸菌のチカラですこやかに」というヤクルト独自の代田イズムは、ヤクルトの化粧品にも受け継がれているのです。
「真の美しさ」とは、表面をよそおうものではなく、肌・体・心が相互に作用しあい、調和のとれた状態からもたらされる、
とヤクルトは考えます。それは、長年、乳酸菌の研究をつづけてきたヤクルトの「内外美容」です。

 ヤクルトは、乳酸菌研究を通じて、「肌・体・心」トータルの健康をまもり、また、提案しつづけています。


→ヤクルト化粧品・ヤクルト直営サロンページへ